新着情報

2020-02-05

特別講演会「疾病予防とアンチエイジングのための食習慣」

令和2年1月30日(木)につかさ内科の稲島司院長をお招きし、ご講演を行って頂きました。疾病予防に良いとされる食品の情報は、世の中に数えきれないほど紹介されていますが、実際には実証されていないのもあり、むしろ罹患率を上げてしまうこともあると知りました。「油は避けるのではなく選ぶ」、「野菜は裏切らない」など、データを基にした正しい食品の知識を、ユーモアのあるお話しで楽しく学ぶことができました。将来の若さと健康のために、食生活の改善に活かしたいと思います。

2020-01-20

特別講演会「高次脳機能障害患者の就労支援について」

就労支援の中でも最先端の「若年性認知症」にスポットを当てたご講演であり、実際の事例を通して、職場や家族の理解や協力の不可欠さ、法制度による支援の大切さを痛感しました。また、進行性に低下していく機能に、リハビリ職はどのような手段を提供し、雇用継続に繋げることができるのかを考える良い機会をいただきました。

2019-12-24

☆デザートワゴン☆

令和元年12月20日(金)に今年最後のデザートワゴンを行いました。今回は「クリスマス」をテーマとし、白あんで作った雪ウサギの和菓子、クリスマスツリーに見立てた抹茶風味のクリスマスツリーケーキ、チョコレート・バニラ・苺が味わえるパフェの3種類をご用意しました。患者さまはもちろん、ご面会者さまにも食べていただき、とても有意義な時間を過ごすことができました(^^)来年も開催を予定しておりますので是非お楽しみ♪

2019-12-13

クリスマス会

令和元年12月11日(水)に例年通り、テンポプリモの皆さんにお越しいただき、素敵なクリスマスソング・懐かしの名曲を披露していただきました。またビンゴゲームも行い、1位5階・2位3階・3位2階・4位4階という結果になりました。街中もクリスマスムードに華やぎ、イルミネーションがきれいに灯っています。ほんのひとときですが、楽しい時間を皆さまと一緒に過ごせたことに感謝いたします。来年も、皆さまと楽しめる企画をおこなってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

2019-12-12

リハビリテーション・ケア合同研究大会 金沢 2019

令和元年11月21日〜22日に「脳卒中片麻痺者の体幹機能について」というテーマでポスター発表をしました。発表を通して参加者の方とディスカッションの機会を得ることができ、さらに患者さんにとって意味のある発表にしていかなくてはいけないと再確認しました。また、今日より臨床・研究ともに頑張りたいと思います。

2019-12-06

オレンジカフェ灯りは〜心のあかりを灯すカフェやっています〜

令和元年11月17日(日)に今年5月に看護の日のイベントとして大盛況だった、1日限定のカフェ「灯(あか)りは」を開催しました。「灯りは」は患者さんがスタッフのサポートを受けながら、来客者の接客をする“注文を間違えるかもしれないカフェ”です。午前・午後とわずかな2時間弱の営業にも関わらず、100名を超える患者さん・ご家族・沢山の来客がありました。カフェ店員の患者さんも来客の多さにてんてこ舞いになりながらも、楽しそうに店員をしていただき、普段の病院生活とは違う一面を見ることが出来ました。今回はカフェ後に素敵なフラダンスショーもあり、秋なのに熱気に満ちたトロピカルな一日となりました。

2019-11-25

脳卒中医療連携講演会

令和元年11月14日(木)に「当院でのHANDS療法の取り組み」というテーマで発表しました。他職種が集まり急性期、回復期、維持期での取り組みや話題を共有することができるこのような機会は重要で、多くの意見交換と情報共有を行うことができました。

2019-11-25

フラダンスの体験会

令和元年11月1日(金)にフラダンスがお好きな患者さんと何度も練習を重ね披露しました。手話とフラダンスを取り入れた美空ひばりの「川の流れのように」では、フラダンスを観に来てくださった多くの患者さんも歌いながら上半身で踊って頂きました。

2019-10-29

院内コンサートを開催しました♪

令和元年10月16日に院内コンサートが催されました。演者様をお招きし、三味線演奏・合唱を皆様堪能されました。東京音頭や童謡を含まれた演目で、手拍子・歌声が自然と出る楽しいひと時を過ごすことができました。スタッフも患者さまの笑顔で元気を頂けました。

2019-10-23

CBA(認知関連行動アセスメント)講習会

令和元年10月7日(月)に当院の言語聴覚士による、40名超の看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士へ向けてCBAの講習会を行いました。
CBA(認知関連行動アセスメント)は行動から高次脳機能障害を評価するバッテリーであり、様々な職種で高次脳機能障害を理解するために有用であり、CBAを使用して患者さんのカンファレンスも行なっています。今回の講習会を今後の臨床に活かしていきたいと思います。

前の10件 <<  1  2  3  4  5  6  7  >> 次の10件