お知らせ

2016-05-27

地域評議員会

第4回地域評議員会を開催いたしました。お互いに病院・地域と新しい取り組みを行う意見交換を行い、有意義な会となりました。

2016-05-12

看護の日

5月12日は「看護の日」で、近代看護の基礎を築いたナイチンゲールの誕生日にちなみ制定されました。今年、看護部も外来ロビーの一画を借りて、赤羽リハをご利用して頂いている患者様・ご家族様への感謝の思いと、またご自身の健康や病衣期の予防について考えて頂ける機会として看護の日のイベントを開催しました。健康チェックや相談、AEDの使用方法など、約70名の方々に参加を頂きました。来年は地域の方々も参加できるような企画をしたいと思います。

2016-04-13

特別講演会 順天堂医院

順天堂医院 リハビリテーション科の長岡教授をお招きして、「高次脳機能障害のピットホール」という演題で講演会を行って頂きました。約150名参加し、高次脳機能障害に対する理解を深めることができました。

2016-04-11

新人歓迎会兼職員慰労会②

2016-04-11

新人歓迎会兼職員慰労会①

病院の屋上にて、新人歓迎会兼職員慰労会を開催致しました。事務部及び各部署の協力を頂き、盛大に開催することができました!お手伝い頂いた職員の皆さま、ありがとうございました!!

2016-04-04

「院内コンサート」♪

ピアニストとバイオリニストをお招きし、院内コンサートを開催しました。
曲名)
第一部 花 愛の挨拶 花は咲く ふるさと 等 8曲
第二部 早春賦 愛の讃歌 アメージング・グレイス ふるさと等 9曲

素晴らしい演奏に涙する患者様・職員もおり、またどこか懐かしい・愛のある雰囲気に包まれた時間となりました。

2016-04-01

平成28年度赤羽リハビリテーション病院 入職式

事業拡大に伴い、総勢43名の新入職員を迎え入職式を挙行いたしました。不安と期待で胸一杯でしょうが、一歩ずつ前に進んでいきましょう!
患者様、職員の皆さまどうぞ宜しくお願い致します。

2016-03-02

特別講演会 東京都健康長寿医療センター

内容 「臨床研究の仕方」
講師 東京都健康長寿医療センター 研究所
   高齢者健康増進事業支援室 研究副部長 
   大渕 修一 先生

“臨床研究とは”という冒頭から始まり、研究を行う上での基礎知識、計画の立案、報告までの具体的なポイント・考え方をご教授頂きました。

“研究法”なんてものはない。自由な発想で知りたいことを追求するだけ。

シンプルかつわかりやすく、具体的にお話し頂き、さっそく次の日も研究に対するいろいろな話を職員がしていたことが印象的でした。職員の背中を力強く押していただいたそんな講演会となりました。

大渕先生、ありがとうございました。

2016-02-27

第6回関東カマチグループ合同学術研究大会

場  所 八千代リハビリテーション学院
参加者数 432名
参加職種 医師・看護師・PT・OT・ST・薬剤師・管理栄養士・MSW・放射線技師・事務

上記日程でグループ14施設の職員が参加し、合同学術研究大会が開催されました。今回は当院が幹事でしたが、他病院、各部署のご協力を頂き、何とか無事に会を終えることができました。

当院からは、看護師1演題/看護補助者1演題/リハ科2演題の計4演題発表しました。結果は、リハ科から銀賞と看護部から銅賞をそれぞれ受賞することができました!!
研究の企画から、データ収集、抄録、スライド作成とコツコツ準備された職員の皆さまお疲れ様でした!!(^^)!

また準備して下さった職員の皆さまご協力ありがとうございました。

2016-02-26

特別講演会 文京学院大学

内容 バイオメカニクスの観点からのアプローチ
講師 福井 勉 先生
(文京学院大学 保健医療科学研究科 教授 理学療法士)


前回は、セラピストとして、人としてどうあるべきかをご教授頂きました。今回は、身体重心位置が人の姿勢・動作にどのような影響を及ぼすのかをご教授頂きました。
臨床・教育・研究・人生に真剣に向き合っている先生のお言葉は、多くのセラピストの心に染みわたります。
複数の関連病院からも多数ご参加頂き、今後に繋がる実りある研修会となりました。
福井先生ありがとうございました。

前の10件 <<  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  >> 次の10件